沼津の英語教室ならEnglish Alive!

 

生きた英語に会いに行く

アットホームな雰囲気の英語教室、English Alive!。英語教師歴20年以上のアラン先生は、米国出身のネイティブスピーカーです。生徒の皆さんにワクワクする時間をお届けします。

 

 

English Alive! ニューズ

英語の不規則動詞の練習にぴったりな、English Alive!教材がついに完成しました!子どもクラスでは、生徒たちがこのゲームで遊び始めました。楽しみながら不規則動詞を覚えていくことができます。

シェイクスピアの「リア王」や黒沢明の「乱」のベースとなった民話、「As Meat Loves Salt」を大人クラスで読み、それについてのディスカッションで大いに盛り上がりました!

文字の無い絵本は、まだ英語を読めない生徒でも理解できる教材です。自分で分かる範囲の英語を使って絵本の中のものを順番に挙げてもらい、講師がそれを補うことで表現や語彙を少しずつ増やしていきます。描かれたストーリーが面白いため、子どもたちはそれを英語で表現することにとても意欲的です。

大人クラスでは「ハンガー・ゲーム」を読んでいます。思わず引き込まれるストーリーに多くの自然な英語が散りばめられている作品です。物語の内容についてディスカッションしていく中で、新たな語彙を増やしていきます。

語彙を増やすのは簡単ではありません。上級クラスでは「sympathy」と「empathy」の違いを説明するYouTube動画を利用したことがあります(動画視聴→文字起こししたものを読んでディスカッション→理解が深まったら再度動画視聴)。こういったアクティビティを通して、生徒は「sympathy」と「empathy」の違いだけでなくリスニングやリーディングのスキル、その他多くのことを吸収します。

previous arrow
next arrow
Shadow
Slider